fc2ブログ
仕事柄、ネパールから日本に荷物を送ることがよくある。

ネパールは発送方法もユニークなので
今回はその流れをご紹介したいと思います。


日本からEMSやAIR MAILで海外発送する場合、日本全国どこの郵便局でも取り扱ってくれるけど
ネパールから海外発送する場合は、首都カトマンズの中央郵便局(GPO)まで足を運ばなければならない。

シッピング代行業者も多数存在するんだけど
内容は同じなのに、郵便局と比べると3~4倍の金額がかかるから使ったことがない。
(これはあくまで頻繁に輸出目的で使うわたしの目線。
 時間が限られてる短期旅行者がお土産を1箱送りたいなどという場合は
 中央郵便局まで行く手間や、面倒な申告手続きのことを考えると
 シッピング代行業者は本当に便利なサービスだと思うよ。)

そんなわけで月に1、2回、まとめて海外発送するためにカトマンズの中央郵便局へ
1407311.jpg

首都の中央郵便局とは思えないのんびり感が漂う。


まず申告用紙に必要事項を記入する
1407312.jpg

次は荷物検査。
(違法なものや、薬物、危険物などの取締りが目的で
 どんなにキレイにプチプチでくるんで梱包していても全て開けてチェックされるので
 梱包せずに持っていくのがオススメ)

封筒に入るような小さな荷物は検査が終わったらそのまま受け付けてくれるけど
大きな荷物はカウンター前に陣取っている「縫い屋」さんの所に持っていく。
1407313.jpg


白い布を荷物にあてて、荷物の大きさにあわせて白い布をびりりっと破り
そして、大きな針でザクザク縫い合わせる。
別料金で350Rs (390円)

見事な針さばきに思わず見とれてしまう。
1407314.jpg


布でしっかり包まれた荷物を今度は
奥に座ってるロウソクおじさんのところに持っていく。

赤いロウを炙って溶かして
1407315.jpg

縫い目の部分を何ヶ所もロウで封印して、さらに割り印を押してもらう。
これまた別料金で25Rs (28円)
1407316.jpg


白い布の上からマジックでお届け先&送り主の住所を記入して完了。
ここまでの所要時間、約30分。

この梱包方法は昔イギリスでやっていて、それが植民地だったインドに伝わり
それをネパールで取り入れたのがまだ残っているんだとか。
時間と手間はかかるけれど、昔ながらの情緒があってなんだかいいね~


これからヒマラヤの山々と海を越えて日本へ旅立っていく商品達
1407318.jpg

元気にお客様の元へいってらっしゃーい!
スポンサーサイト



2014.07.31 Thu l ネパールの生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
5月からお取り扱いを始めたネパール製

1405101.jpg

(Mサイズ)

販売開始直後から日本全国よりオーダーやお問い合わせをいただき
ありがとうございます。


もっと大きいサイズが欲しいとのお問い合わせを何件かいただいたので
このたび、新たにLサイズ(直径1.4m)もお取り扱いを始めました。
工場や生産者さん側に相談して、作っていただいたもので
ネパールのフェルト屋さんの店頭にも並んでいない特注サイズのものになります!

従来のMサイズ(直径1m)と比べると、ボリューム感が増してさらにイロトリドリ*
15色のフェルトボールがランダムにつぶつぶ並んでいて、これひとつでお部屋の雰囲気が明るくなるから
子ども部屋やくつろぎスペースにピッタリのアイテム。
1407281.jpg

(Lサイズ)

モデルはネパール在住のイギリス人の友人Bethに担当していただきました。
太陽みたいなcuteな笑顔をThanks*


ちなみに最近のわたしはポンポンラグの上でヨガするのがお気に入り。
1407282.jpg

(Lサイズ)

いろいろなポーズをとってもすべらない上に
肌に触れた時の感触がやさしくてリラックスできるの。
しかもウールは消臭・抗菌作用が抜群で嬉しいね◎


*ポンポンラグ詳細*
 素材:ウール100%
  形:円形
サイズ:Lサイズ直径約1.4m / Mサイズ直径約1m(ポンポン直径各約2cm)
(ハンドメイドで制作しているため、カラー配置は一点一点異なります。)


ご注文をいただいてから、オーダー→日本へ発送となるので
納品まで約1ヶ月ほどお時間いただきます。

お値段はネパールからのAIR MAIL送料(追跡付き)・消費税込みで
Lサイズ¥35,000 / Mサイズ¥24,000になります。


ご注文・お問い合わせはこちらまでお気軽にメッセージくださいね*
2014.07.28 Mon l UN1QUE COLLECTION l コメント (3) トラックバック (0) l top
パクチーちゃんが小さな白い花を咲かせたよ*
1407251.jpg


この時期のパクチーは
はっぱを食べるためというよりは
秋の種蒔きに向けての種取りだから
食べれる部分はそんなに採れないよーって旦那が教えてくれた。

そっかー、なるほど。
畑はわたしにとって初めてのことだらけで、毎日が学びの連続。


野菜を買っていると、食べられる状態の野菜しか見えないけど
実際に育ててみると、芽が出て葉が成長して花が咲いて実や種を結ぶ。
あたりまえだけど、そんな過程を見ることができて楽しい。

里芋のはっぱやカボチャの花も食べると実はおいしいとか
大根の若い種はさやごと食べると辛み大根みたいな味がするとか
発見もいっぱい。


本日もネパールは平和です*
2014.07.25 Fri l ネパールの生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今回は自分自身が2年半前に経験した病気
そして、手術跡に苦しんでた時に実践していたセルフヒーリングのお話。

ヨガや健康を伝える立場ということもあって
当時は病気になった自分のことが許せなかったのかな。

辛い感情に蓋をして、心の奥にしまいこんで
『痛くない、辛くない』って言い聞かせて、過ごしていた。
でも無視された感情は、だんだん小さくなるどころか
どんどん大きく膨らんで私を苦しめた。

そんな時『痛かった、辛かった』と受け止めてあげることによって
救われた経験を振り返って書いてみたいと思います。

病気や手術の跡で苦しんでる人がこの記事を読んで
少しでも救われることを願って。


2012年2月
突然、激しい腹痛が襲いその場から動けなくなった。

経験したことのない尋常じゃないお腹の痛み
そして、しばらくすると腕を根こそぎ抜かれるようなするどい激痛が右肩を襲い
あまりの痛さに大声でわめきながらのたうちまわるほどだった。

めったなことじゃ病院に行かないわたしが
生まれて初めて命の危機を感じ、病院に連れていってもらった。

検査の結果は
『卵巣出血』

そして医者から言われた言葉は
『輸血が到着し次第、緊急手術に入る』とのことだった。
痛みが襲う直前まで普通に元気で、病気の予兆もなにも感じなかった。

人生って何が起きるか本当に分からないものだなと
麻酔から醒めてまだぼんやりした頭でふと思った。

卵巣出血は出血量が少なければ手術をしないで
自然吸収されるのを待つケースもあるみたいなんだけど
わたしの場合は出血が1ℓ近くと大量で
すぐに開腹手術をして出血を止めないと危ない状態だった。
体内で行き場を失った血液が肩のあたりにまで達していて
その結果、右肩の神経を刺激して肩の激痛も起こっていたのだった。

卵巣出血が起こる原因ははっきりとしたものがなく
何をどう気をつけるとか、防ぐ方法はこれといって特にないらしい。

なる人はなるし、ならない人はならない。
体質もあるし、運もあるんだと思う。
この時期は色んなことが重なって、ものすごいストレスを抱えていたから
今思えばそれが原因でカラダが悲鳴をあげたのかな。

手術は無事に終わり、3ヶ月後の検診では
『もう日常生活に戻っていいですよ』
『ヨガも元通りにやっていいですよ』と言われた。

医学的に見れば、その時点で病気は治ったということになる。
でもね、わたしの心は全然元通りじゃなかった。

下腹部の赤紫色にもりあがった10㎝ほどの手術跡。
醜くて、見たくなかった。
でもお風呂やトイレのたびに目にしてしまい
そのたびにまっくらな気持ちになった。

そんな状態がしばらく続いたある日
『このままじゃいけない
 この手術跡だってわたしの一部、そろそろ受け止めよう』と思い
見るのも触るのも嫌だった手術跡をそっと撫でながら
話しかけてみることにした。

『痛かったね
 辛かったね
 でも、病気はもう治ったから大丈夫
 よく頑張ってくれたね、ありがとう』

初日はポロポロ涙が止まらなかった。

最初は手術跡を触るのもおそるおそるだったけど
数日たったらだんだん慣れてきて
1週間ほどしたら、手術跡を目にしてもマイナスの感情はもう起こらなくなっていた。

これがわたしにとって初めてのセルフヒーリング体験。

もし、当時のわたしと同じように過去の手術跡や傷跡のことで悩んでる方がいたら
この方法でぜひ話しかけてあげてください。
その時は心の中で唱えるんじゃなくて、ちゃんと声に出して話しかけてあげてください。
傷跡は消せないけど、受け止められるようになるだけで随分楽になれるから。

そして今現在、病気や怪我で苦しんでる方は
病気の部分にそっと手をあてて、向き合ってあげてください。
その時はさきほどの言葉を例に現在形に変えてください。
もし自分の中に特別な気持ちがあるのなら、それも思いのまま声に出してみてください。

『痛くない、辛くない』
と無理してポジティブであろうとしなくていい。
どうかありのままの感情を感じて受け止めてあげてください。

病気は闘うんじゃなくて
向き合い、受け止め、そして癒してあげる。

2年前、突然の病気で死にかけた時
人生に無駄なことはないと言うけど
この病気に一体何の意味があるんだろうと思った。

でもおかげで自分自身と対話し癒すことを覚えた。
そして、命あることが当たり前じゃなくて奇跡と思えるようになった。

時には薬や手術の力を借りることもあるかもしれない。
けれど最終的に病気を治すのは自分自身。
だって病気も自分自身が作ったものなのだから。

おかげさまでわたしは元気です。
ありがとう*
2014.07.18 Fri l ヒーリング&気付き l コメント (0) トラックバック (0) l top
7月のナガルコットは雨、雨、雨。

今日はひさしぶりに青空が顔を出してくれた。
毎日の雨で浄化された空気はしっとりとやわらかく
1年の中で一番みどりが豊かな時期*
1407141.jpg

そんなわけで明日で4ヶ月になる息子を抱いて初トレッキングへGO!

ナガルコットからサクーに抜けるルートの入り口から森に入る。
1407142.jpg

この時期、ヒマラヤの山々はほとんど見れないけど
森の生き物、きのこや苔やシダを眺めるのが楽しいよ♪

竹林を抜けて、森の奥へ
1407143.jpg

たまに足を止めて
セミの大合唱に耳を傾けて目を閉じてみたり。

道中、毒々しい赤きのこ発見!しかも大量に!!
でもこれ、ネパールではブラッドチャウと呼ばれていて
普通に食べるらしいよ。
1407144.jpg

これまた毒々しい紫きのこ
1407145.jpg

苔の中からぴょっこり現れた白きのこ
1407146.jpg

“雨期のきのこ祭”と言わんばかりに、面白いくらいきのこだらけだったけど
毒きのこもいっぱい混ざってるから
残念ながら、食べれません、触れません。

ゴールは小さなタマン族の村。
休憩がてらスパイスがたっぷり効いたチャイをいただいてから
行きと違う道を違う景色を眺めながら家に戻る。

往復6㎞ほどのショートトレッキング。

距離は大したことないけど
7キロの息子を前に抱いての山道はなかなかハード!

カラダももちろんだけど、絶対に転ばないようにものすごーく神経を使う。
ひとりだったら転ぶのも全然怖くなかったのにな〜
でも親になるってきっとこういうこと。

ひさしぶりのショートトレッキングで汗をかいて
産後でなまってたカラダがリフレッシュ。

自然界の色と音と匂いに触れると、エネルギーがわいてくる。
1407147.jpg


抱っこひもの中からずっと森の世界を眺めてた息子
1407148.jpg

来年は一緒にお散歩しようね〜
2014.07.13 Sun l ネパールの生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
息子に牛服を着せて結婚式に参加。
したらネパール人にバカウケ!
1407111.jpg

そうか、ここじゃ牛は神様。
2014.07.11 Fri l ネパールの生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
家でくつろいでると庭からなにやら気配が。

窓からそっとのぞいてみると…
大量のメェメェ!
1407101.jpg

しかもこないだ植えたばかりのパクチー畑のあたりでモグモグしとるじゃないか!!


玄関の扉を開けたとたん、一目散に逃げるヤギ達
1407102.jpg

ヤギのあの横長い目を眺めたり、角の間をなでるのが大好きなのに
あーあ、行ってしまわれた〜


パクチーはヤギにとってクセが強すぎたのか無傷v
お隣の豆はちょっぴり食べられちゃったけどね。


パクチーちゃんおっきくなったね。
1407103.jpg


本日もネパールは平和です*
2014.07.10 Thu l ネパールの生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ご縁があってこのページに辿り着いた方へ
イロトリドリLife*ブログへようこそ。

〜イロトリドリLife*とは〜
ハタチの頃から世界各地・日本各地を旅して
イロトリドリな風景・人々・暮らし・文化…
本当にたくさんの色と出会った。
部屋の窓から見える日常の景色の中にも本当はさまざまな色で満ち溢れてる。
ただ、旅に出るまで私自身が気付けなかっただけ。

色を感じるか感じないかは自分次第。
それならどこにいてもちゃんと感じることのできる人でありたい。
そして、感じた色を大切な人達と一緒に楽しみたい。

だってわたしたちが生きている世界は
こんなにもイロトリドリなのだから*

Let's feel イロトリドリ♪♪


直接お会いしたことがない方のために
私自身のことを自己紹介させていただきたいと思います。


*PROFILE*
15歳からティーンズ向けファッション誌の読者モデルとして活躍し、華やかな世界に身を置くも
大学卒業後はバックパックを担いで、アジア・中東・アフリカ45カ国を旅する。
インド旅中にヨガ・瞑想と出会い、日々のライフワークに。
ニュージーランド滞在中にマクラメジュエリーの師と出会い、制作活動を開始する。

2011年、30歳を機に独立。

2014年、ネパールで糸かけマンダラの制作をはじめる。
現在は脱走系2歳男児の子育てを楽しみながら
糸かけマンダラワークショップ開催・イベント出店・制作活動・ヨガ講師を行う。

一番好きな動物は牛♡


*PROFESSION*
・UN1QUE COLLECTION オーナー
UN1QUE COLLECTION Web site
・インド政府公認 シヴァナンダヨガ講師
・ポールウォーキング ベーシックコーチ
・ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター(ジュニア野菜ソムリエ)


執筆・取材のご依頼やオーダーメイドのご相談
マンダラワークショップ・ヨガ出張などは
お気軽にこちらまでお問い合わせくださいね。


それではイロトリドリな1日を*
2014.07.07 Mon l はじめまして l コメント (2) トラックバック (0) l top
先日、旦那が庭先に植えたパクチーの種が
芽を出したよ♪


細長い双葉の間から、ぴょっこりと現れた2枚のパクチー型のはっぱ
1407011.jpg

パクチー好きには、かわいくてたまらん♡

特にハーブ類はフレッシュな方が香りも鮮やかでおいしいから
庭先で育てて必要な時に必要な分だけ摘めるのが一番だね。


元気においしく育ってね〜*
2014.07.01 Tue l ネパールの生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top