fc2ブログ
2011年もあとちょっとで終わり

今年もたくさんの人や自然からパワーをもらい
色んなこといっぱい感じた1年だったなぁ~

わたし自身、そして日本も地球も
嬉しいこと・苦しいこと含めて大きな変化の一年だった。

『苦しいこと』と一言で言っても
たとえ今は悪いことのように思えても
転機の始まりに与えられた試練だったりもするわけで
それをどう受け止めて乗り越えるかは自分次第。

その時の自分がどう選択し行動したかによって
苦しかったことがあとになって
いいことにも悪いことにもなりうるのかなーなんて、ふと思ったり。

書きたいことはまだまだあるけど
ここで今年を振り返ってしまうと、書き終わる頃には年が明けてしまいそうなので
ここらへんでやめておくね(笑)

さぁて、今年最後の島野菜ブログ。

沖縄では大晦日でもいわゆるお蕎麦を食べる習慣があまりなくて
八重山そばという黄色い麺を食べるみたいなんだけど
今日はせっかくの大晦日なので
沖縄の紫やまいもを使って、とろろ蕎麦を作ってみたよ。


【紫ヤマイモ】
IMG_4824.jpg

粘りがとっても強い紫ヤマイモ。
通常のヤマイモの栄養分(ビタミンB・C、酵素)に加えて
紫色の元・アントシアニンが豊富に含まれてるのでこれまた目に効く。
外は地味な色だけど、切ってみると中は鮮やかなピンク色。


*紫とろろ蕎麦*
紫ヤマイモ:100g
ネギ:2本
卵黄:1個
蕎麦(乾麺):100g
めんつゆ:適量

今回はそば茹でてヤマイモすっただけだから
レシピはなしで。

んで、できあがったのがこちら。
わぁぁ~!すんごい色!!!
IMG_5001.jpg

食べてみたら味は普通のヤマイモと変わらないんだけど
見た目がインパクト大で楽しい!

2011年を振り返りながら、ずずっとおいしくいただきました。

この1年、支えてくれた家族、大好きな友達、やりたいこと応援してくれた人達
ハンドメイドのアクセサリーを気に入ってくれた人達
はいむるぶしの従業員のみんな、ヨガクラスに参加してくれた方々
出会ったひとりひとりのおかげで、2011年も毎日元気に生きてこられました。

全ての人に感謝*

さぁて、今からお正月に向けて黒糖おしるこ作るぞv


みなさまもどうか良い年をお迎えください。
そして2012年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト



2011.12.31 Sat l おいしいごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
先日、たまたまぷらり立ち寄った石垣島にあるcafe Avanceさん
その時わたしが付けていたネックレスをオーナーのゆみさんが気に入ってくださり
うちの作品をお店においてくれることになりました!

2011年最後に、なんて嬉しい出来事*
ありがとうございます!

cafe Avanceはゆいロード沿いにある
鮮やかな赤い屋根が目印の、島の石けんとお茶のお店。
12/23にリニューアルオープンしたばかりで
先日お邪魔した時は旦那さまが、ちょうどトンカントンカン外の壁を作っている所でした。
天然素材にこだわっていて、床の断熱材には炭を使っているんだって。
オーナーのご夫婦手作りのあったか~いお店。
cafe Avance入り口

いつも元気いっぱいの笑顔で迎えてくれるオーナーのゆみさん*
話しているだけで元気が内側からわいてくるステキなお方。
内地に戻る前に出会えて、本当に良かった◎
IMG_4932.jpg

白を基調とした店内は木のぬくもりがとっても心地いい。
島で作った手作り石けん・お茶・雑貨などなど
素材や原料にこだわった商品が並んでいます。
cafe Avance店内

ちなみに写真右上にあるブルーの棚あるのがうちの作品達*

せっかくなので、今お店で並んでいるネックレスをこちらのblogでご紹介したいと思います。
ココロをこめてひとつひとつ編んだ世界にひとつだけのネックレス達*

【Lapis lazuli Necklace】
IMG_4742.jpg

美しい瑠璃色のラピスラズリ。
表面に見える金色の模様はまるで夜空の銀河みたい*
ここまでキレイな金色が入ってる大きなラピスラズリはなかなか見つけることができない、貴重な石。


【Rainbow Moon Stone Necklace】
IMG_4769.jpg

この写真ではちょと分かりづらいけど
白い石の中にブルー・グリーン・オレンジ・イエローなど様々な色が秘められていて
光の角度によって虹色を放つ。
レインボームーンストーンと呼ばれているけれど、実はラブラドライトの仲間。
色・輝きがひとつひとつ違うので、とっても魅力的
虹を持ち歩きたい方にピッタリの石*


【Turquoise Necklace】
IMG_4750.jpg

ナチュラルな模様が美しいチベットのターコイズを使用。
日本ではトルコ石と呼ぶけれど、トルコで産出されるというわけではなく
その昔、トルコの商隊が貿易品としてヨーロッパに持ち込んだことから
「トルコ人の石」という意味で、そう呼ばれているのだそう。
その商隊が、旅のお守りとしてラクダの首にこの石を付けていたことから、
ターコイズは“旅の護り石”として世界中に知られるようになったとか。
旅を愛する方にピッタリの石*


【Smoky Quartz Necklace】
IMG_4757.jpg

微量のアルミニウムを含む水晶が
長い年月をかけて淡茶色に変化したもの。
透明感あるけむり色の石なので、どんな服にでも合わせやすいよ。
石はヘンプ糸で包んであるので、やわらかい印象に。


【タネックレス】
IMG_4745.jpg

最近の新作!
星模様の種 × 西アフリカ・ガーナ産の再生ビーズを合わせてカラフルに編んだタネックレス。
存在感バッチリ◎


石垣島に行くことがあったら
ぜひcafe Avanceさんに立ち寄ってみてください。
オーナーご夫婦がとびっきりの笑顔で迎えてくれますよ*
2011.12.29 Thu l お取り扱い店舗様 l コメント (0) トラックバック (0) l top
『あなたに会わせたい人がいるんだ』
と友達に誘われて
こないだのお休みの日は石垣島鍾乳洞へ。

鍾乳洞の入り口には、おじいがひとり。
その前には手作りアクセサリーと手描きのポストカード
そしてドリームキャッチャーがずらりと並んでました。

おじいは35年程前にアメリカの先住民族インディアンの村を訪れ
インディアンから直接ドリームキャッチャーの作り方を教えてもらい
それ以来ドリームキャッチャーを作り続けてるんだとか。

そのおじいからドリームキャッチャーの作り方を教えてもらうことに。
『夢が叶うように願いをこめて一目一目編むんだよ〜』と。

そして30分ほどで完成v
IMG_4444.jpg

下に付けたのはフクロウの羽

先住民族インディアン達は
男の子が産まれると力強い子に育つよう願って、ドリームキャッチャーにワシの羽を
女の子が産まれると知恵のある子に育つように願って、フクロウの羽を付けるんだって。

さらにおじいは
わたしの似顔絵を描いてプレゼントしてくれました。
IMG_4451.jpg

ちなみにこの絵で所要3分くらい。
ささっと絵がかける人は心からすごいと思う。

ドリームキャッチャー作りに興味ある人は
石垣島鍾乳洞の前にいるおじいに、ぜひ会いにいってみてね!
インディアンの話や沖縄の話など色々聞かせてくれます。

鍾乳洞の中でトトロと遭遇するかもよ〜
IMG_4398.jpg


おじい、どうもありがとう*
2011.12.27 Tue l 沖縄の生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
チヂミ用に買った小麦粉がまだまだ大量にあるから
最近は女子寮の部屋で天ぷらをじゅーじゅー揚げてる。

ひとり暮らしで天ぷらなんて、以前じゃ考えられなかったけど
作ってみちゃえば、なんてことはない。
野菜をざっくり切って衣にくぐらせて揚げるだけなんだから
意外とラクチン料理だってことに気付いたよv

そんなわけで今日の夜ゴハンは島野菜天ぷら。
今回は天ぷらにピッタリな島野菜を、3つまとめてご紹介したいと思います。


【うりずん】
IMG_4412.jpg

内地では四角豆(しかくまめ)と呼ぶらしい。
その名のとおり断面が四角形の形をした豆。
見た目はちょとゴツイけど、クセのない味でどんなお料理にも合いそう◎
植物性タンパク質が豊富で、カロテンは皮膚や粘膜を健康に保ってくれる働き者。

さらに!
資生堂がうりずんにお肌のはりにかかわる弾力繊維の再生を促す物質を発見したそうで
うりずんから抽出、凝縮した美容液を
アンチエイジングに効く『美容豆エキス』として販売しているみたい。
これはとっても気になる豆だわ~


【紅芋】
IMG_4647.jpg

紅芋の色はアントシアニンという色素。
以前紫のはっぱ【はんだま】の記事で紹介した、目に効く成分。

さつまいもに比べ、ねっとりしっとりとした食感で美味しい上に
食物繊維がいっぱい含まれているので腸内をキレイに。
腸がキレイになるとお肌もキレイになるよ*

ただこの紅芋、病害虫の蔓延を防ぐため、残念ながら内地への持ち込みが禁止されてる。
今のうちにいっぱい食べておこーっと。


【ピパーツ】
赤い果実はコショウに似た風味を持っていて、コショウと同様にスパイスとして利用される。
ラーメン屋にコショウ、蕎麦屋に七味唐辛子が置いてあるように
八重山そば(ソーキそば)屋のテーブルの上には、必ず粉末ピパーツが置いてある。
ちなみに沖縄ではヒハツ、ヒバーチ、ピィーヤシなど色んな呼び方がある。

ピパーツに含まれるピペリンは
血流を良くし、体を温め、代謝upの効果があり
アーユルヴェーダにおいては、ピパーツは最もよく使われる薬草の一つで
インドでは昔から体の冷えを改善する目的で使用されている。

今回使ったのは果実ではなく葉の部分
IMG_4652.jpg

一見、そこらへんに落ちてそうなただのはっぱ(笑)
でもね、刻んだり加熱すると、独特な刺激的な香りが一気に漂うの。

沖縄の食堂では、天ぷらは定番メニューなんだけど
内地の天ぷらとはなんだか違う。
衣が分厚くてどちらかと言うとフリッターに近いカンジがする。

これは個人的な好みなのだけど
天ぷらに関しては、内地の天ぷらの方が断然好きだったりする。
なので今回は島野菜天ぷら(内地ver)で作ってみたよ。


*島野菜天ぷら*
うりずん:2本
紅芋:1スライス
ピパーツ:2枚
ゴーヤ:2スライス
玉ねぎ:千切り少々
ニンジン:千切り少々
小麦粉:160g
ビール:1カップ
卵:1個
サラダ油:300㏄
塩:適量

① まずは衣作り。小麦粉・よく冷えたビール・とき卵を混ぜる
② 切った野菜を①にくぐらせる
③ 油を170℃まで熱する(衣をたらして浮いてきたら適温)
④ ②の野菜を揚げて、できあがり~♪
*時間のかかる紅芋から揚げる。ピパーツは一番最後に、片面5秒ずつでじゅうぶん。
IMG_4712.jpg

紅芋は切ってみたら断面が驚くほど鮮やかな紫でビックリ!ほくほくあま~い
うりずんはシャキシャキの食感&ほんのり甘さがクセになる。
ピパーチはほろ苦い風味&サックサクの軽い食感で、これがあればいくらでもビールが呑めそうv

今日は大好きなうどんに乗せて、天ぷらうどんにしていただきました。
お塩でシンプルに食べてもおいしいよ◎


今日もごちそうさま
大地の恵みに感謝して*
2011.12.26 Mon l おいしいごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
わたしが今住んでる小浜島は
人口600人程のこじんまりとした島なので
クリスマスだからって、イルミネーションなんてどこにも見あたらないし
クリスマスソングだって聞こえてこない。

そんなわけで、今日はクリスマスイブ当日だっていうのに
クリスマスの実感ゼロ!

朝はヨガクラスを担当して、ランチにはうどんを食べて
休み時間は牛を眺めながらこうしてブログ書いてる。
なんてことはない、いたって普通の日。

こんなにクリスマスを感じられない年は、生まれて初めてだわ!

でもね、わたしが働いてるホテルはいむるぶしには
クリスマスを感じさせるものがチラホラ登場*

正面玄関右側のシーサー
いつの間にサンタに変身してるじゃないか
IMG_4871.jpg

左側のサンタシーサー
IMG_4872.jpg

シーサーは口をあけているものと閉じてるものが必ず対になっていて
どっちがオスでどっちがメスかは諸説あるみたいなんだけど
シーサーの口の開閉はあらゆる全ての物事の始まりと終わりを表す
『阿吽』(あうん)を意味している。
ちなみに口を開けている方が『阿』閉じてる方が『吽』

そして『阿吽の呼吸』という言葉は
ふたり以上が一緒に物事を行うとき
微妙なタイミングや互いの気持ちがピッタリと一致することを意味する。
助け合い、補い合い、どちらかが欠けては決して成り立たないという
本当に素敵な言葉*

そしてこの『阿吽』という言葉
ヨガの時に唱える、インド・サンスクリット語の『オーム』が語源なんだそう。
さらにはキリスト教の『アーメン』も実は『オーム』が由来だとか。

世界はぜーんぶ繋がってるのね~

なんてこと考えながら過ごす、2011年クリスマスイブ。

今夜はお仕事が終わった後
クリスマスパーティーという名の、お鍋を囲んで泡盛で乾杯♪の会へv
沖縄もようやくお鍋がおいしい季節がやってきたよ。


世界中のみんなにメリークリスマス*
2011.12.24 Sat l 沖縄の生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
沖縄には食べ物に限らず
島◯◯という名前の物がそこらじゅうにある。
『島ってつけときゃいいさー』って感じなんだろうけど
沖縄の地元愛が感じられてなんだか好きだな~

さて、今回は島野菜を3種類まとめて紹介したいと思います。


【島にんにく】
IMG_4693.jpg

沖縄生まれのこぶりなにんにく。
ぱっと見は万能ねぎ、味はパンチの効いたニラ。
根だけでなく葉もおいしく食べられ、小粒な見た目とは裏腹に味や香りは強烈。
ビタミンBを多く含むので疲労回復に効果抜群!
特有の香りのもとはアリシンという物質で
アンチエイジング・ガン予防・代謝UP・免疫力UPに効くスタミナ野菜v


【島とうがらし】
IMG_4640.jpg

とにかく辛い!
沖縄のそば屋にはかかせない
あのコーレーグース(島とうがらしの泡盛漬け)に入ってる唐辛子。
ビタミンC・カロテンを多く含み、カリウム・鉄分といったミネラル類も豊富な栄養価の高い香辛野菜。
辛味の主成分であるカプサイシンによる脂肪の燃焼効果でダイエット食にも取り入れられている。
でも食べ過ぎには要注意!痔になっちゃうからね~


【ゴーヤ】
IMG_4646.jpg

最近では全国に出回るようになったが、沖縄を代表する島野菜。
ビタミンCを多く含み健胃効果も抜群で、夏バテによく効く。

今夜はこれらを使って
具だくさん島野菜チヂミを作ってみたよ。


*島野菜チヂミ*
島にんにく:2本
島とうがらし:お好みで(ちなみに激辛好きのわたしで2本)
ゴーヤ:スライス2枚
ニンジン:スライス少々
長ネギ:5㎝
ごま:適量
薄力粉:大さじ6
片栗粉:大さじ3
水:100㏄
ごま油:適量


*チヂミだれ*
レモン:1/2個
醤油:大さじ2
ラー油:小さじ1

① レモン汁・醤油・ラー油と合わせチヂミだれを作っておく
② ボウルに薄力粉・片栗粉・水を入れ混ぜる
③ ②に切った野菜と細かく刻んだ島とうがらしを入れ、よく混ぜ合わせる
④ 中火のフライパンにごま油をひき③を流し入れ、素早く広げる
⑤ まだ焼いてない面にゴマをふる
⑥ ひっくり返したらフライ返しで上から軽く押す
⑦ 少し焦げ目がつくくらいカリッと両面焼けたら、できあがり~♪
IMG_4725.jpg

島ニンニクと島とうがらしの刺激
ゴーヤの苦味、長ネギとニンジンの甘味、ゴマの香ばしさ
そしてチヂミだれのレモンの酸味がとってもバランス良くて
これはオリオンビールがすすむ♪


今日もごちそうさま
大地の恵みに感謝して*
2011.12.21 Wed l おいしいごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
今回ご紹介したい島野菜はハンダマ


【ハンダマ】
IMG_4682.jpg

ハンダマとは表が緑色、裏が紫色の綺麗な葉野菜で
キク科の爽やかな香りがし、味はまるでミョウガみたい。

葉の紫色は目に良いと言われているアントシアニン。
アントシアニンが豊富な食材としてはブルーベリーが有名だけど
ハンダマも負けてない!
なので、長時間のPCなどで疲れ目って方にはピッタリの島野菜。
鉄分やβカロテンも豊富に含まれているので美容にも◎

このハンダマを使って最近よく作っているのが
ハンダマおひたし。
10分もあればできてしまう一品なので
時間のない時にピッタリの栄養満点お手軽レシピv


*ハンダマおひたし*
ハンダマ:200g
めんつゆ:適量
ゴマ:適量
塩:適量

① 太い茎は硬いので取り除く
② ハンダマをさっと1~2分塩茹でする
③ 熱湯からあげたら、冷水で冷まし、水気をよく切る
④ めんつゆに浸し、ゴマをふってできあがり~♪
IMG_4722.jpg

さっぱり味なんだけど、独特の香りが効いててクセになりそう♡

鮮やかな紫色は茹でるとほとんど分からなくしまうので
彩りも楽しみたい!って方はぜひサラダに入れてみてね!


今日もごちそうさま
大地の恵みに感謝して*
2011.12.20 Tue l おいしいごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
沖縄ではヘチマを野菜として食べる。

えっ!ヘチマってタワシじゃないの!?
って最初ちょっぴり驚いた。

完熟したヘチマは完熟すると繊維が固くなるため、タワシとして用いられるけど
沖縄では繊維のあまり発達しない食用品種が栽培されていて
繊維が固くなる前の若い実を収穫して食べる。

ちなみに沖縄ではヘチマのことをナーベラーと呼ぶ。
語源は鍋洗い(ナベアライ)→ナーベラー
野菜として食べていても
それでもやっぱりヘチマのポジションはタワシなんだね(笑)

ナーベラーの旬は夏なんだけど
まだあたたかい沖縄ではそこらへんに普通にぶらさがってる。
ドーーーーーーーーーーン!!
IMG_4507.jpg


ナーベラーは、水分が多く
ビタミンやカリウムなどのミネラルを豊富に含んでいるため
美肌にとっても効果的で、咳止めや利尿効果もあるそう。

そしてこのナーベラー、味噌と相性抜群◎
そこで沖縄の代表的な料理
ナーベラーンブシー(ヘチマの味噌煮)を作ってみたよv


*ナーベラーンブシー* (1人前)
ナーベラー(ナスで代用可):8cm
島豆腐(木綿豆腐でOK):150g
玉ねぎ:1/8個
ニンジン: 1/8本
しめじ:5個
塩・コショウ:適量
味噌:大さじ2~3
かつおだし:50ml
ごま油:適量

① まずナーベラーのへたを取り、皮は固いので薄緑色が残る程度に取り除く(軽く一枚そぐ程度)
② ごま油で玉ねぎ、ニンジンを炒め塩コショウ。しんなりしてきたらナーベラーとしめじを加える
③ 味噌をかつおだしで溶いたものを加え、豆腐を入れて弱火で20分ほど煮る
④ ナーベラーがゼリー状になってきたらできあがり~♪

実は5分ほど煮た頃、ためしにナーベラーを味見をしてみたんだけど
うわっ!泥臭っ!!まずっ!!!
これ…だいじょぶかな~と思いながら、煮込み続けること20分。
ナーベラーがとろんとろんのゼリー状になってきたところで
もう一度味見してみると、さっきの泥臭さは消え、ほんのり甘みがあっておいしい。
とろんとした食感はナスの黄色い部分みたい。

沖縄の島豆腐も中までじっくり味噌がしみて最高のお味◎
IMG_4482.jpg

今まで豆腐と言えば断然絹派だったんだけど
島豆腐はちょー木綿。
だけど、島豆腐のしっかりした歯ごたえと濃い大豆の味がおいしすぎて
沖縄に来て以来、すっかり島豆腐ファンになってしまった。

おいしさの秘訣は
ミネラル豊富な沖縄の海水をにがりとして使っているかららしい。
豆腐が好きであちこちでよく食べるけど
豆腐に関しては沖縄の豆腐がダントツにおいしいと思う。
沖縄が豆腐消費量全国No1というのも納得!


今日もごちそうさま
大地の恵みに感謝して*
2011.12.17 Sat l おいしいごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
今わたしが住んでいる小浜島は
本当にこじんまりとした小さな島で、スーパーやコンビニが1軒もない。

必要最低限のものなら、集落に2軒ある商店で買えるけど
あるものがどうしても限られてしまうので
休みの日はフェリーに乗って石垣島まで買い出しに行くことが多い。

こっちに住んでみるまでは
石垣島も小浜島も似たような所なんだろうなって勝手に想像していたけど
小浜島在住のわたしからしたら、石垣島はもはや大都会!

24時間営業してるコンビニも、ホームセンターも、TSUTAYAもだってあるし
生活に必要なものは全て揃ってるから今まで困ったことは一度もない。
強いて言うなら映画館があったら嬉しいな~ってくらい。

そんな石垣島でのわたしのお気に入りスポットは
【ゆらてぃく市場】
JAおきなわが地産地消をテーマに、沖縄県産の野菜を中心に新鮮な食材を多く扱っている市場で
ここには今まで見たこともないカラフルな旬の島野菜が並び
大好きな玄米・もちきび・黒紫米など、お米の種類もとっても豊富。

5年前に実は野菜のソムリエの資格を取っちゃったくらい野菜LOVEのわたしは
市場をうろうろしてるだけで、もうワクワクv

沖縄に滞在するのも残りあと1ヶ月。
せっかくなのでこっちにいる間に
内地ではなかなか見かけることのできない
めずらしい島野菜を紹介していきたいと思います。


第1回目にご紹介するのはローゼル


【ローゼル】
IMG_4617.jpg

ローゼルとはハイビスカスの仲間で
ハイビスカスティーの原料は実はこのローゼル。

赤く酸味のある果実で
アントシアニン・クエン酸・リンゴ酸・ビタミンCを豊富に含み
疲労回復・疲れ目・肌荒れ等に効果があると言われてる。
忙しい人の見方だね*

そんなローゼルで、さっそくローゼルティーをいれてみたよ


*ローゼルティー*
ローゼル:5個
水:500ml

① ローゼルの種を取り出し、ガクを千切りにする
② 熱湯でローゼルを5分程蒸らしたら、鮮やかなピンク色したローゼルティーのできあがり♪
IMG_4284.jpg


簡単すぎて、レシピってほどでもないけど
これは甘酸っぱくてカラダにしみわたる~
最近はヨガクラス後にローゼルティーをいれて、飲んでるよv
酸っぱいのが苦手って人は、ハチミツを加えると相性抜群◎

あまったローゼルでジャムも作ってみたよv


*ローゼルジャム*
ローゼル:お好みの量
砂糖:ローゼルと同量
水:適量

① ローゼルの種を取り出し、ガクを2~3等分に切る
② 鍋にローゼルがひたひたになるくらいの水を入れ、砂糖を加え中火で一煮立ちさせる
③ 沸騰したら弱火にし、焦げつなかいようによく混ぜながら、約20分ほど煮詰める
④ ローゼルがとろけてきたらできあがり♪

甘酸っぱくてまるで
カシスジャムのような味わい♡

さっそくシュガーレスコーンフレークに
ヒマワリの種・カボチャの種・クコの実をミックスして
豆乳とヨーグルトとローゼルジャムをかけて食べてみた
IMG_4668.jpg

これはうまうま♪

このローゼル、塩漬けにしてオニギリの具にしてもおいしいんだって!
ちなみにブラジルにいる日系人の間ではローゼルを塩漬けにして
梅干しの代用品として食べているとか。

見た目はプレデターの口みたいでちょとイカついけど
甘酸っぱくてキュンとするお味。
鮮やかなピンク色が目も楽しませてくれるのでオススメ♡


今日もごちそうさま
大地の恵みに感謝して*
2011.12.15 Thu l おいしいごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日はお仕事がお休みだったので
小浜島の西側に位置する海人(漁師さん)の集落
細崎(くばざき)まで行ってきました。

寮から細崎までは約6km。
収穫を間近にひかえた背の高いさとうきび畑が
潮風でざわわ揺れてるのを眺めながら
海沿いの道を自転車でのんびりこいでると、20分ほどで到着~!

今日は記念すべき“第1回くば丸市”が開催されたので
いつも静かな集落がちょっぴりお祭りムード。
島人達が昼間からオリオンビール片手に
揚げたての天ぷらをほおばって、とても和やかな雰囲気。

会場内には小浜島で獲れたばかりの新鮮な魚が並ぶ。
見たことのない魚ばかりで、眺めているだけでも面白い。

まずはカタカシ君
沖縄の方言でオジサンと言うらしい
IMG_4522.jpg


お次はヤガラ君。
口ながっ!
こういう顔の魚、とっても気になるわ~
IMG_4510.jpg


小浜島には“タラシアギー”という名前のさつま揚げみたいな食べ物があるんだけど
ちょうどタラシアギー料理教室をやっていたので、さっそく参加してみることにv

まず、ミンチ機に新鮮な白身魚を入れてペースト状する。
穴からにゅるにゅる出てくる様子はまるでモンブラン!
IMG_7375.jpg


そこに調味料と水溶き片栗粉を加えてコネコネし
ニンジン、ゴボウ、アーサー(青のり)を混ぜて、160℃の低温の油でじっくり揚げる。

できあがりv
IMG_4531.jpg


魚の甘みにゴボウのシャキシャキ感とアーサーの香ばしい香りが効いて
これはビールがとまらない!!

タラシアギーのレシピはこちら↓
IMG_4532.jpg


作り方を丁寧に教えてくれたくば丸市のみなさん
どうもありがとう*

はいむるぶしの看板娘はここでも大活躍v
おかげさまで、くば丸市は大盛況
IMG_7379.jpg


細崎は昔から続く海人の集落なんだけど
今では後継者がたったの2人。
でもこうしてイベントを開催したり、島を盛り上げてがんばってます。
そんな小浜島の海を愛する2人が日々の暮らしと小浜島のローカル情報をブログで綴ってます。
小浜島 細崎 絶滅危惧種

今後は月イチでくば丸市を開催するそうなので
これからも頑張って小浜島の漁業を盛り上げていってほしいな!


海の恵みにごちそうさま*
2011.12.04 Sun l 沖縄の生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top