FC2ブログ
お腹すいてる時以外はあまり泣かないうちの息子。

でももうすぐ歯が生えてくるみたいで
痛いのかな、かゆいのかな。
ここ数日はなんだかご機嫌ナナメで泣きっぱなし。

そして、人生初の発熱。

といっても微熱だから、通気のいいコットン100%の服とタオルケットに身を包んで
家で様子を見ることに。

ネパールには熱さまシートのような気の効いた便利グッズは存在しないから
こんな時はキャベツの出番v
厚めのキャベツの葉でおでこ全体をすっぽり包んで冷やす。

ヒンヤリしてて、気持ちいいのか
すっかりくつろぐキャベツ君。
1410231.jpg

うふふ、かわいそうだけどなんだかかわいい♡


早く元気になっておくれ〜
スポンサーサイト



2014.10.23 Thu l 子育て l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日はパスニと呼ばれる息子のお食い初めの儀式。


日本では生後100日目だけど
ネパールでは男の子の場合は5〜6ヶ月の間に、女の子の場合は4〜5ヶ月の間にお祝いをする。

時期は異なるけど
赤ちゃんにお米を食べさせてお祝いする文化は、日本もネパールも一緒なんだね。

ネパールではこの儀式を迎える前に離乳食を食べさせたりもするけど、お米だけは絶対に食べさせない。
つまり今日はお米のお食い初めということになる。
(うちは生後100日目に日本式のお食い初めもしたから、すでに一粒だけお赤飯食べちゃったけどね)

ネパールではお食い初めはとても重要な儀式で
親戚・友人に招待状を送って、結婚式くらい盛大にお祝いする家もあるらしいけれど
うちは旦那の実家で家族だけで和やかにお祝いした。

ネパールの儀式に欠かせない
ティカ(赤い粉)・米・ヨーグルト・花びら・水。
1408301.jpg


今日は新品の民族衣装に身を包み、カジャルと呼ばれるアイラインをひく息子。
こうやって見るとすっかりネパール人だね〜
1408302.jpg

今日のためにおばあちゃんが
サンゴのガネーシャ × シルバーのブレスレットを用意してくれたよ。
1408305.jpg

おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、おじさん、おばさん、いとこの順に
ひとりずつ赤ちゃんのおでこにティカ(赤い粉)や米を付けて祝福し
お祝いのお金を手に握らせて
願いをこめて祈り
そしてキール(乳粥)を食べさせる。

この日は銀貨がスプーン代わり。
“一生お金に困りませんように”という意味が込められているんだって。

銀貨でキールをすくって息子の小さな口の前に持っていくと
口を大きく開いてモグモグペロリと食べてくれた。
1408304.jpg

離乳食を始めてから、どんどん食いしん坊になってきた息子。
最近は顔に肉がつきすぎて、首がなくなってしまったよ(笑)

3年前、沖縄の小浜島で一緒に働いていた世界一周中の友達がナガルコットまで会いにきてくれたので
今日は一緒に儀式に参加してもらい、ここにアップしている写真も彼女に撮ってもらいました。
みわちゃんステキな写真をどうもありがとう!

子どもが産まれてから、こういう伝統的な行事を大切にしたいと思うようになったな〜
まだまだ小さいから息子の記憶には残らないかもしれないけど
大きくなったら今日のことを話しながら写真を見せてあげるね。


これからもいっぱい食べて笑って元気に成長しておくれ*
2014.08.30 Sat l 子育て l コメント (0) トラックバック (0) l top
産まれた時は2.5㎏と小さめボーイだった息子も
日に日に丸く太くなって、現在7.5㎏。

元気いっぱい成長してくれて、ありがとう*


今まで母乳100%で育ててきたけど、本日ついに離乳食デビュー!

ネパールでは市販の離乳食というのはそんなにたくさん種類がないけれど
最初の離乳食として定番なのが“リト”
1408061.jpg

リトの原料はひよこ豆、大豆、とうもろこし、大麦、砂糖をパウダー状にしたもので
良質な植物性たんぱく質・鉄分を多く含み、栄養満点◎

作り方はいたってシンプル。
小さじ3杯のリトを熱湯100㏄で溶いて、人肌程度まで冷ましてできあがり。

お味は甘さ控えめの液体生八つ橋って感じかな
1408062.jpg


初めての離乳食だったけど、小さな口でもぐもぐ完食
1408063.jpg


食べる楽しみがひとつ増えたねv
2014.08.06 Wed l 子育て l コメント (0) トラックバック (0) l top
ネパールではアイラインをひいてる赤ちゃんや子どもが多い。
このアイラインのことをネパールで“カジャル”と呼ぶ。
1406181.jpg

近所を散歩していると、ぎょっとするくらいくっきり囲み目メイクの
赤ちゃんに遭遇することも日常茶飯事だ。
さらに驚くことに、女の子だけじゃなく男の子もカジャルをひいている。

このカジャル、単に目を大きく見せるためのものだと思っていたが
実はアーユルヴェーダ療法のひとつで
目の粘膜を保護し目の病気を防ぐためにひいているんだって。


先日、お義母さん手づくりのカジャルをいただいた。
材料は
・マスタードオイル
・カルダモン
・フェヌグリーク
・アジョワン


今日は義妹が家に遊びにきてくれて
息子にネパール式オイルマッサージとカジャルを施してくれた。

マッサージ後の息子
1406182.jpg

か…かわいくねぇ!!

目の周りだけじゃなく、こめかみにもカジャルを付ける習慣があるらしいけど
これはヒドいw
2014.06.18 Wed l 子育て l コメント (0) トラックバック (0) l top
キャンプの練習ってことで
とりあえず庭にテント張って親子3人で一晩寝てみたv
1405181.jpg

息子大爆睡zzz


もうちょっと大きくなったら、キャンプにでかけるのだ♪
2014.05.18 Sun l 子育て l コメント (0) トラックバック (0) l top